更年期障害の症状女性40代-体温の異常 原因対策改善アドバイス

女性も40代に入ると、体の不調を感じる事が多くなってきます。

20代30代では健康だった方でも、40代になった途端、体調が変化すると言う事は良く有ります。

この体の不調の原因として考えられるのが、更年期障害です。

更年期障害とは閉経の前後10年間で卵巣の機能が低下し、女性ホルモンが減少する事によって起こるさまざまな症状の事を言います。

運動をしていないのに汗が噴き出たり、のぼせやほてりが続いたりする症状から、イライラ感、倦怠感など今迄に感じた事のない不調が出てきます。

女性の更年期障害は40代から始まる事が多いため、できれば40代に入った頃から毎朝基礎体温を記録しておくと、自分の体調の変化に早めに気付く事ができます。

また、婦人科等の受診を行う際も診察のデータとして活用する事ができます。

体温は自分の体内でどのような変化が起こっているのかを知る大きな手掛かりとなります。

もし、微熱が続いていたり生理や排卵日等とは関係の無いタイミングで高い体温が続いている場合などでは、何か他の病気で有る事も考えられます。

更年期に入る前は一定の周期で体温は変化するため、毎月同じようなグラフになります。

しかし、更年期に入ると女性ホルモンの分泌が減少するため、今までの基礎体温のグラフとは大きく変化します。

体温の変化としては高温期が短くなり、その分低温期が長くなります。40代を過ぎたころからは、高温期と低温期の温度差が低くなり、更に高温期の期間が短くなってきます。

この頃から排卵期が不定期となる事で全体的に体温が低くなり、高温期の無いグラフとなります。そのうちに無排卵となって閉経に至るのです。

基礎体温を付ける事によって自分の更年期が把握でき、さまざまな症状にも対応できるようになります。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事