更年期障害の症状女性50代-しびれ 原因対策改善アドバイス

突然手足がしびれたりすると「何かの病気かも?」と心配になりますが、手足のしびれは更年期に良く現れる症状の一つです。

しびれだけではなく、手足の感覚が鈍くなったような違和感や、皮膚の表面がピリピリするなどの症状が現れる方もいます。

この症状は更年期によってエストロゲンと言われる女性ホルモンが減少する事で起こる更年期障害の一つであり、エストロゲンが減少すると皮膚の老化が進み、皮膚が薄くなり乾燥しやすくなるため、少しの刺激にも反応してしびれのような感覚が起こるのです。

女性は50代に入ると閉経が近づくため、卵巣の機能が衰退して行きます。

この事によりエストロゲンなど女性ホルモンが減少し、さまざまな症状を感じるようになります。これを更年期障害と呼んでいます。

しびれだけではなく、ほてりや発汗、精神的なイライラや不眠症なども代表的な更年期障害の症状です。

しびれに関しては更年期特有の症状ですので、大きな問題ではありませんが、症状がひどいと日常生活に支障がでたり、ストレスの原因となりますので、婦人科や神経内科などでの診察をおすすめします。

更年期障害の治療として、ホルモン補充療法などの他に、自律神経の調整剤や精神安定剤などが処方される場合も有ります。

薬に頼りたくない場合は食生活を見直したり、毎日適度な運動をすることで改善する事ができます。

また、普段から皮膚をマッサージしたり皮膚の乾燥を防ぐための保湿剤などを使用するとより効果的です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事