更年期障害の症状女性50代-ほてり 原因対策改善アドバイス

50代を越えた頃から、顔が急にほてったり頭がのぼせたように暑くなったりする症状が現れる方がいます。

これらの体温の急激な変動は、更年期障害の代表的な症状であり、一般的に50歳前後の女性に多く起きる症状です。

女性は閉経期の卵巣機能の低下に伴って、女性ホルモンが減少しホルモンバランスが乱れてしまいます。ホルモンバランスが崩れる事によって、心身共にさまざまな症状が起こるのです。

ホルモンのバランスが崩れると自律神経にも乱れが出ます。

この自律神経の乱れによって体温調整の機能も乱れ体温の急激な変化に繋がるのです。

激しい運動をしたり、暑かったりするわけでもないのに、急に体が熱くほてったり多量の汗をかいたりします。

体温調節が上手く行かない場合、汗を止めようとしたりほてりをおさめようとしても、上手く行きません。逆に焦ってしまい、ほてりがひどくなる場合もあります。

ほてりを感じたらゆっくりと深呼吸をして落ち着いてほてりが治まるのを待ちましょう。

ほてりの症状を改善する方法として、更年期障害の治療に使われるホルモン補充療法や漢方などがあります。

また、薬だけではなく食生活でビタミンEや減少したエストロゲンのような働きをするイソフラボンなどを積極的に摂取する事もおススメです。

辛い物やお酒、たばこなどの刺激物を避ける事で、症状が緩和されるとも言われています。

ストレスが自律神経を乱すことから、ストレスのない生活を心がけ、適度な運動を行う事で血行を良くし、急激な体温の変化が起こらないよう予防する事も大切です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事