更年期障害の症状女性50代-ホットフラッシュ 対策改善アドバイス

50代の女性が良く感じる症状としてのぼせやほてりがあります。

これらは更年期障害の代表的な症状と言われ、多くの人が感じる症状の一つです。

更年期障害とは、閉経を迎える50代の女性の多くにみられる症状で卵巣の機能が低下する事で女性ホルモンの分泌が減少し、自律神経が乱れる事で起こるさまざまな症状の事を言います。

更年期障害のほてりやのぼせは「ホットフラッシュ」とも言われ、自律神経の乱れで起こる症状の一つです。

「ホットフラッシュ」はほてりやのぼせの他に、発汗・多汗なども引き起こし、発熱まで起こる場合があります。

「ホットフラッシュ」はスポーツや重労働をしている訳ではないのに、顔や体、手足がほてる状態を言います。

50代になると重症化する事も多く、大量の汗をかいたり暑さで寝付きが悪いなどの症状に悩まされます。

また、あまりの暑さに耐えきらず、頭痛や吐き気などの症状が出る場合もあり、酷くなってからの治療ではなかなか治りにくいものです。

ホットフラッシュはホルモンバランスが崩れる事で自律神経が乱れ、体温調節の機能が低下する事で起こると言われています。

まずは自律神経の乱れを整えてくれるような漢方薬を用いて治療したり、更年期障害の治療としてホルモン補充療法などを行う事で改善されます。

しかし、症状が悪化してしまうと熱を下げたり、吐き気を緩和する治療を先にする必要があるため、更年期障害としての治療を行う事が難しくなります。

まずは、いつもとは違うほてりやのぼせなどを感じたら、そのままにせず専門医への受診を行い、早めに治療を行う事が大切です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事