更年期障害の症状女性50代-発熱・微熱 原因対策改善アドバイス

なんだかいつも熱っぽいとか、微熱が続くのに高熱にならないなど、50代に入るとこんな経験をする人が多くなってきます。

睡眠不足やストレス、疲労などで発熱する事も有りますが、思い当たるような原因が無いのに微熱が続く場合は更年期障害の可能性があります。

人は微熱が続くと身体に強い倦怠感を感じます。

また、やる気が起きなかったりいらいらしたりと他の症状まで引き起こしてしまいます。

微熱や発熱は更年期障害の症状としては良く知られている症状で、多くの人が経験します。

更年期障害とは50代に入り閉経が近づく事で卵巣の機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少する事で引き起こされるさまざまな症状の事を言います。

更年期障害によって起こる微熱や発熱は、風邪の症状などは全くなく、普段通りの生活をしているのに発熱するという場合が多く、発熱の前にのぼせやほてりなどの症状を感じる人が多いようです。

発熱と言っても38度以上の高熱になる事はほとんどなく、鼻血がでたり汗が吹き出したりといつもと違う症状が出る事も有ります。

発熱した場合、解熱剤などで熱を下げる方法も有りますが、薬で下げても一時的なものであり、根本的な解決にはなりません。

また、薬を多用する事で解熱剤が効かなくなったり身体への負担も大きくなります。

まずは更年期障害であるかどうか専門医を受診して確かめ、更年期障害となった場合はホルモン補充療法や漢方薬などを服用する事で改善されます。

もちろん、更年期障害ではなく他の病気である可能性もあるため、微熱が続く場合は早めに病院への受診を行うようにしてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事