更年期障害の症状女性50代-漢方薬治療についてのアドバイス

更年期とは、女性が閉経を迎える前後10年間の事を言います。個人差も有りますが通常、50代は更年期の最中と言えます。

女性の体は閉経が近づくと卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が減少します。エストロゲンは排卵を促すなど女性特有の作用を主に行っていますが、その他にも自律神経を安定させたり、骨密度を維持する血液中のコレステロールを減らすなど多くの働きを担っています。

更年期とは、このエストロゲンの量が減り始めて完全に無くなる時期です。この時期はのぼせやほてり、発汗やイライラ感、疲労感、不眠など心身共に多くの不調を感じます。この不調の事を更年期障害と言います。

この更年期障害は人によって症状もさまざまですが、日常生活に支障が出るほど辛い場合も少なく有りません。

この様な更年期障害特有の症状を緩和するには、女性ホルモンの減少を補うホルモン補充療法などがあります。

しかし、このホルモン補充療法は副作用なども有り、体に負担を掛けてしまいます。体に負担が少なく更年期障害に有効な治療として漢方を用いる事があります。

更年期障害の症状で良く見られる、肩こり・頭痛・冷え性などは血の滞りで生じる症状であると考え、この症状を改善するには「芍薬」や「牡丹皮」「桃仁」などが含まれる漢方が効果的です。

また、疲労感やだるさ、風邪をひきやすいなどの症状には胃腸の機能を整えたり、新陳代謝を促すような漢方を服用することで改善されます。

更年期障害はホルモンバランスの急激変化に体が付いて行かずに起こってしまう症状です。

体の不調を感じたら、そのままにせず専門医にて検診を行い、自分に合った治療法を見つけることをお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事