更年期障害の症状女性50代-関節痛の治療に関するアドバイス

女性は40代後半から50代半ばにかけ卵巣の機能が低下する更年期と言われる時期を迎えます。

この時期は女性ホルモンが減少するためさまざまな症状が現れます。これを更年期障害と呼んでいます。

更年期障害の主な症状として、のぼせやほてり、イライラ感や疲労感など心身共にさまざまな不調を感じます。また、膝や腰、肩など関節の痛みが出る事も少なく有りません。

関節は骨と骨とをつなぐ器官であり、そこにはクッションのような役割を持つ軟骨があります。

しかしこの軟骨は加齢と共に量が減ったり変形してしまう為、関節の痛みとなって現れるのです。

更年期に入る事により女性ホルモンが急激に少なくなるため、軟骨の成分も更に減少し、また皮膚の感覚異常なども併発することが多く、余計に痛みを感じやすくなってしまいます。

関節の痛みがひどくなると、階段の上り下りができなくなったり、日常の歩行にも支障が出てきます。

いつか治るだろうと思ってそのままにしていても改善しませんので、なるだけ早めに治療を行う事をおすすめします。

更年期による関節痛であれば、女性内科や婦人科などを受診すると良いでしょう。また整形外科などでも治療は可能です。

また、早期に治療する事によって重症化する事を防ぐ事ができます。

更年期ではない他の病気である可能性もありますので、それらの病気の発見にも繋がります。

更年期によって、関節通が起こっている場合更年期障害の原因となっているホルモンの減少を補うためにホルモン補充療法や関節のつなぎ目をスムーズに動かすためのヒアルロン酸などを補う事で関節痛を改善する事ができるでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事