更年期障害の症状女性50代-症状の期間はいつまで続くの!?

50代に入ると周りの方も更年期に入って、色々な症状に悩まされていると言う事を耳にする事が多くなります。

自分も何かしらの不調を感じていると言う方もいらっしゃるでしょう。

更年期の時期に感じる心身の不調を更年期障害と呼びます。

この更年期障害は女性であれば誰でも何かしらの症状を経験しますが、具体的に幾つぐらいから、どのくらい、どのような症状が続くのか知らない方も少なくはありません。

更年期障害の時期や年齢は人によって様々で、一概には言えません。体質や生活環境などによって始まる時期や、症状に大きな違いがあります。

しかし、一般的には閉経の前後10年間と言われており、50代の前半頃から何かしらの症状を感じる方が多く、更年期障害になりやすい期間であると言われています。

更年期とは閉経が近づく事によって女性ホルモンが減少する期間の事を言います。

この期間は女性ホルモンの量が激減するため、自律神経にも乱れが生じ体や心に何らかの不調を感じやすくなるのです。

更年期障害が落ち着くまでの期間は個人差がありますが、短い人で1年前後、長い人では数年間、更年期障害に悩む事も有ります。

更年期障害の主な症状としては、めまいやのぼせ、ほてり、冷え、発汗などがあります。

また、生理不順にもなりやすく、経血の量が極端に多くなったり、少なくなる場合があります。

更年期の時期は加齢によって体も無理が利かなくなり、更に家事や介護などで精神的にも身体的にもきつい時期といます。

その中で更年期障害による不調を抱えているとどんどん症状が悪化して行きますので、不調を感じたら早めに治療をする事をお勧めします。

更年期障害の治療としては、少なくなったホルモンのバランスを整える、ホルモン補充療法や漢方などを使った薬物治療とに合わせ、ストレスを溜めないように食生活や日常生活の改善を行うよう心がけましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事