更年期障害の症状女性50代-筋肉痛ひどい場合の改善対策アドバイス

筋力は日々の運動量が少なくなれば衰えて行きますし、加齢によっても衰えます。

もし、筋肉痛になる事が増えたと感じても、運動不足かも知れないと考え更年期のせいであると思う方は少ないでしょう。

しかし、更年期によって筋肉の緊張がとけず、筋肉痛や肩こり、腰痛などを引き起こす事が知られています。

女性は50代に入ると閉経が近づく事で女性ホルモンの主な成分であるエストロゲンの分泌量がどんどん減っていきます。

そのため脳からエストロゲンの分泌を促す「性腺刺激ホルモン」が分泌されます。

しかし、卵巣にはエストロゲンの分泌をする能力が無いため、エストロゲンの量は増える事はありません。

エストロゲンの量が増えないことにより、さらに性腺刺激ホルモンが分泌されるため、この状況が繰り返されホルモン分泌の正常なバランスを見失ってしまうのです。

ホルモンのバランスが崩れる事で自律神経も乱れ、自律神経失調を引き起こしてしまうのです。

自律神経が乱れる事で、人間はストレスが発生します。

そのストレスが過剰になることで副交感神経が上手く機能せず、交換神経が優位の状態が続きます。

この事により筋肉の緊張がなかなか解けず、運動もしていないのに筋肉痛になったり、肩こりや背中の痛みなどがひどくなってしまうのです。

また、交換神経は痛みと密接なつながりがあります。交換神経の作用で筋肉周辺では血管を収縮させてしまい、血行が悪くなり疲労物質が多く溜まり痛みを感じます。

さらに痛いと言う感覚自体が交換神経を刺激してしまい、悪循環に陥るのです。

まずはストレスを溜めないことが大切です。また、たかが筋肉痛とは考えず一度婦人科で更年期障害の検診を受けて見ましょう。

更年期である事が診断された場合、ホルモン補充療法や漢方を服用する事で症状が緩和するでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事