更年期障害の症状女性50代-イライラ 対策改善アドバイス

更年期障害とは50代の女性に多くみられる、身体や心の不調の事を言います。

なんだか今までより身体の不調を感じる事が多くなり、病院へ受診をしてもなかなか原因が分からず、「未病」と判断される場合も有ります。

しかし、やはり毎日何かしら身体が思うように動かず、気分も落ち込んでくるのです。

更年期障害とは、一つの症状が緩和されても、次の症状が発病してしまうと言う悪循環な状況が続きます。

女性の閉経から前後10年間はこの様な症状に悩まされる訳ですので、どうしても感情がコントロールできずに、イライラを家族や友人などにぶつけてしまうのです。

50代のイライラの多くは更年期障害であると言われています。

思うように身体か動かなかったり、不眠や疲労感などが蓄積する事によってイライラを引き起こしてしまうのです。

女性は更年期障害によってホルモンバランスが崩れてしまうと、自律神経も乱れてしまい、他人のちょっとした言動にイライラしてしまったり、ホットフラッシュによって身体が暑くなったり、高血圧症によって頭に血が上りやすくなるとも言われています。

しかし、イライラしている自分に気づいていますので、自分が家族や友人にあたってしまったり、家事や仕事を放棄してしまっている事に自己嫌悪が募り、更にイライラしてしまうと言うループに陥ってしまいがちなのです。

まずは、イライラしているなと気付いたら、人との接触をさけ、落ち着ける空間を探しましょう。

そこで、アロマオイルを使ったり、好きな音楽などを聞いてリラックスできる環境を作る事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事