更年期障害の症状女性50代-うつ症状の対策改善アドバイス

女性は50代に入ると、成人期に活躍していた卵巣機能はだんだんと低下し、月経不順の一定期間も終わり、閉経期を経て老年期に移行します。

この期間を更年期と言います。

更年期は、「のぼせ」や「ほてり」と言った症状から、高血圧、心情病なども発症しやすくなる時期です。

また、子供の成長や巣立ち、介護問題や退職などライフサイクルなども大きく変わる時期でもあります。そのため、精神的なイライラや空虚感に襲われ「うつ」になる方も少なく有りません。

今まで、家庭や子育て、仕事などに力を入れてきた人ほど「うつ」が発症しやすくなります。

一般的にうつ病は、真面目で仕事熱心、几帳面で責任感が強いと言った性格の人が発症しやすく、うつ病を発症すると、意欲減退、無気力、無関心、無感動、集中力・思考力の低下、疲労感や睡眠障害など、生活全般にやる気が失われます。

うつ病は「ストレス」が引き金になる事が多く、更年期に入りさまざまな更年期障害の症状に悩まされ、日常的にストレスを感じていると、自分でも気付かないうちにうつ病になっている場合も多いのです。

うつ病は決して治らない病気ではありません。

治療が可能な病気です。うつ病やイライラ感、不眠症など更年期障害の症状を感じたら、まずは専門医の診断を受け、更年期障害の治療を行いましょう。

ホルモン補充療法などで更年期障害の症状が緩和される事でうつ病も改善される可能性があります。

もし、それでも改善しない場合は、心身の負担を取り去るカウンセリングや心理療法を受ける事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事