更年期障害の症状女性50代-血圧・高血圧 対策改善アドバイス

50代に入ると多くの女性は閉経を迎えます。閉経の前後10年間を更年期と良い卵巣の働きが衰え、停止するまでの間、身体や心にさまざまな不調を感じます。

閉経を境にして、生殖機能を担う卵巣ホルモンの分泌量が激変することで、体調不良や精神の不安定などを引き起こすのです。これを更年期障害と言います。

更年期障害は個人差があり、まったくなにも感じないまま過ぎてしまう人と、体調を崩して日常生活が送れないほど症状が酷く出る方もいます。

更年期障害の大きな原因はホルモンバランスが崩れる事による、自律神経の乱れです。

この自律神経の乱れによって、大きな病気を引き起こしてしまう可能性があります。

特に50代の女性に多い症状として、動脈硬化や高血圧です。自律神経が乱れる事によって血圧が上昇しやすくなってしまうのです。

更年期の高血圧によって脳溢血や脳梗塞などを引き起こしてしまう可能性があり、命の危険にさらされてしまう場合も有ります。

もし、脳梗塞になってしまうと、言葉がスムーズに出なくなったり、手にしたものをすぐ落としたり、物忘れがひどくなったりするのですが、日常生活に大きく影響を及ぼすものではないため、見落としてしまいがちです。

しかし、発症してしまうと、後遺症として言語障害や記憶障害などが残ってしまい、今までどおりの生活を送る事が困難になってしまいます。

更年期はどうしても血圧が上昇しやすいため、高血圧になる他の原因を作らないようにする事が大切です。まずは生活習慣と食生活を見直してみましょう。

睡眠時間をしっかりと確保し、ウォーキングや水泳など適度な運動を心がけてください。

また、食事は油ものを控え、塩分の摂取を抑えるようにしてください。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事