プレ更年期かな!?と思った場合の検査について

プレ更年期と言う言葉をご存知でしょうか?

一般的な更年期は閉経の前後10年間を言いますが、これよりも早い35歳から45歳ぐらいまでの間は性成熟期後期と言う時期に入っており、この期間を「プレ更年期」と呼んでいます。

プレ更年期の時期は肉体的なピークを超えており、性機能や体力もそろそろ下り坂に向かう時期ですので、無理をすると体のあちらこちらに不調を感じる事が多くなります。

女性はこの期間から無理をする事なく、体をいたわる生活に切り替えることが必要です。

女性はプレ更年期に入ると大きな変化が見られます。

まずは、1ヶ月の生理周期の中での女性ホルモンの落差が大きくなります。また、排卵がスムーズに行われなくなり、生理不順が起こります。

この事は、卵巣の衰えによって女性ホルモンの分泌量が減っている事が原因と言えます。

更に、疲れやすくなったりイライラしたり、めまいや頭痛がひどくなるなど、更年期特特有の症状も見られるようになり、体調が悪い日が続く事も少なく有りません。

しかし、30代と言えばまだ自分が更年期に入っているとは思わない人も多く、自分の不調の原因が分からずに悩んでいる方もいます。

もし、今までとは違う体や心の不調を感じた場合は、プレ更年期を疑い、検査を行う事をおすすめします。

まずは婦人科や更年期外来を受診し、問診によって体や心の不調を医師に伝えます。その後、血液検査によって生理中から生理直後のホルモン値を測り、プレ更年期で有るかどうかを客観的に判断する事が出来ます。

ただし、プレ更年期の場合正常値の範囲内での変化であることも多いため、プレ更年期であると診断が付きにくい場合も有りますので注意が必要です。

プレ更年期であると診断された場合は、ホルモン量を調整するような治療や生活習慣の改善などを行う事で症状が緩和する事が出来ますので、早めに病院に行かれる事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事