プレ更年期の対策!症状や状態を詳しく解説&理解度UP!

女性ホルモンが低下し始める35歳から45歳までの間をプレ更年期と言い、ホルモンのバランスが乱れ更年期のような症状が現れ始めます。

また、30代の後半になると月経前症候群と呼ばれる症状も酷くなり、生理前に頭痛がしたり、肩こりやむくみだるさなど体の不調が続くようになります。

しかし、プレ更年期の場合、本当に更年期とは違い卵巣自体はまだまだ元気に働く事が出来ます。

多くの場合、ストレスによって卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減少している事が原因であるため、ストレスを取り除くことで、卵巣の働きがもどり体の不調も緩和して行きます。

プレ更年期の時期の女性は自分が更年期に入っている事に気づかず、そのまま症状を放置している事も少なく有りません。

しかし、そのままにしておくと女性ホルモンが低下した状態が続き、不妊症や早発閉経に繋がる可能性もあります。

さらにエストロゲンは骨の形状にも大きな影響を与えるため、骨粗鬆症になったり、コレステロールの上昇によって動脈硬化が進行する可能性もあるため改善する必要があります。

プレ更年期の対策として充分な睡眠を摂り、規則正しい生活をする事が大切です。

またストレスを溜めないことが一番の対策となりますので、仕事の内容や人間関係などの悩みを解消する事も必要です。

ストレスの解消のため、適度な運動を行ったり、趣味などをもって毎日の生活を楽しむ工夫をしていきましょう。

どうしても症状が改善しない場合は、早めに婦人科などで診断を行い、漢方やホルモン療法など薬を使って症状を緩和する事も出来ます。まずは早めの対策をすることが大切です。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事