プレ更年期は男性もあるの!?男性ホルモン減少で厄介なことに…

更年期と言う言葉を聞くと女性だけの病気であると思いがちですが、男性にも更年期がある事をご存知でしょうか?

男性の更年期は緩やかに変化して行くので、女性の更年期に比べると症状がひどくなる事は少ないようです。

しかし、男性のからだにも確実に変化は訪れますので、油断していると改善が難しくなるケースも少なく有りません。

女性の場合、更年期と呼ばれる時期よりも早く更年期のような症状が現れる場合があります。これを「プレ更年期」と呼んでいます。

まだ卵巣が元気な年代であっても、ストレスなどによって卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの量が減少する事で更年期のような症状が発症する事が知られています。

プレ更年期の原因の多くはストレスであると言われています。

仕事や家事のストレスなどによって、プレ更年期の症状が出るのですが、男性であってもストレスによって男性ホルモンの量が減少して更年期と同様の症状が出る場合があります。

更年期は性ホルモンの減少によって様々な症状が発症します。男性でも男性ホルモンの量が減少することで若い年代であっても更年期の症状が発症するのです。

男性の更年期障害は加齢による男性ホルモンの低下によって発症する事が言われていますが、その他にも仕事上のストレス、肥満、運動不足なども間接的な要因と言われています。

たとえ30代であっても、この様な要因がある場合は更年期障害と同じ症状が発症するのです。

自分は男性だからとか若いからと言って、更年期にならない訳では有りませんので、まずはストレスを溜めず、規則正しい生活を送り、適度な運動をすることでプレ更年期を予防する事が出来ます。

また、自分が更年期障害で有っても症状を緩和して行く事が可能になります。まずは自分の日常生活を改善して行く事から始めて行きましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事