プレ更年期の診断は、精神・ホルモン量・他の病気などの検査後に

更年期は通常、閉経の前後10年間くらいを指しており、45歳から55歳ぐらいが更年期の年齢だと言われています。

この時期の女性は女性ホルモンが急激に減少し、自律神経失調の症状を含めた様々な不調を感じることが多くなります。

しかし、現代の女性において、生活習慣の変化に伴い30代後半から女性ホルモンが減少して更年期と同じような症状に悩まされる人が少なく有りません。

このように通常の更年期の時期よりも早く現れる更年期の事を「プレ更年期」と呼んでおり、いま注目されています。

現代の女性は晩婚で出産回数も少ないため、卵巣は休まずに長期にかけて働き続けることになります。

このため比較的若い年齢から卵巣の機能が低下する傾向にあります。

また、仕事や家事、育児のストレスもプレ更年期の原因の一つになっていると言われています。

プレ更年期の症状は更年期と同じでのぼせやほてり、冷えや発汗と言ったものからイライラ感、疲労感、不眠、憂うつ症など様々です。

しかし、この年代の女性は自分の症状が更年期である事に気づかず、そのままにしておく人も少なく有りません。

しかし、症状がひどくなると日常生活に支障が出てしまいますので、自分の症状がどのような病気で有るのか、しっかりとした診断が必要となります。

プレ更年期の場合、まずは婦人科や更年期外来等を受診し、専門医に自分の症状を伝えることが大切です。

プレ更年期と診断するためには、他の病気が隠れている可能性もあるため、様々な検査が必要となります。

また精神的な症状が大きい場合は心療内科や精神科などでも検査を行い、色々な側面から正しい診断を受けることが大切です。

プレ更年期であると診断される大きな要因は血液検査によって血液中の女性ホルモンの量に有ります。

女性ホルモンの量を測定する事によって、通常よりも激減している事が分かればプレ更年期であると診断されます。

まだ若いからと過信せず、体調が悪いと感じたら早めに病院で検査を行う事をお勧めします。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事