プレ更年期とは!?あなたの症状はこれじゃないですか?

更年期と呼ばれる時期は閉経の前後10年くらいであり、個人差はありますがおおよそ40代後半から50代前半の時期と言えます。

更年期では加齢から卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減ることで自律神経のバランスが崩れのぼせやほてり、頭痛やだるさなど様々な症状が現れます。

これを更年期障害と言い日常生活にも支障が出るほど酷くなる人も少なく有りません。

最近では、この更年期と呼ばれる世代よりも若い30代後半から40代前半の女性でも更年期障害のような症状に悩まされている人がいます。

これを「プレ更年期」と呼んでいます。更年期は実は突然来るものでは無く、少しずつ体も更年期へシフトして行きます。その変わり目が「プレ更年期」なのです。

現代の女性は不規則な生活や食生活の乱れ、仕事や家庭でのストレスを抱えています。

プレ更年期の場合、卵巣機能の衰えによるホルモンの低下と言うより、ストレスや栄養不足が原因でホルモンのバランスが崩れてしまうことにあります。

強いストレスが続く事で自律神経のバランスが乱れ、女性ホルモンの分泌にも影響しているのです。

また、不規則な生活であったり睡眠不足が続いたり、極端なダイエットをする事で栄養のバランスが足りていない場合も、女性ホルモンのバランスが崩れる原因となってしまいます。

もし、若くても体が何か変だなと思う不快な症状を感じている場合、プレ更年期を疑い、自分の生活を見直してみましょう。

ストレスを感じる原因に思い当たる事があれば、ストレスを解消、回避する事が大切です。また、食生活にも気を配り、バランスのより食事を規則正しく食べるようにしましょう。

ストレスを溜めない、バランスの良い食事を取る、そう言った普段の生活を正す事でプレ更年期の症状を改善して行く事が出来ます。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事