プレ更年期の対策改善には「豆乳」が最適!?イソフラボンを補充

更年期障害とは40代後半から50代前半にかけて、「更年期」と呼ばれる時期の女性に多く発症する病気の事を言います。

この時期の女性は閉経を迎える事によって、今まで分泌されていた女性ホルモンが減少して、更年期障害の様々な症状が引き起こされるのです。

この事から、更年期障害と言う病気は加齢による女性特有の病気と思われていますが、最近は若い世代の女性でも多く発症している事が確認されています。

現代の若い女性は仕事や家事のストレス、無理なダイエットなどが原因で女性ホルモンの分泌が止まってしまい、更年期障害の症状を引き起こしてしまうのです。この様に若い女性が発症する更年期を「プレ更年期」と呼んでいます。

プレ更年期は女性ホルモンが減少する事で引き起こされます。しかし加齢による更年期障害とは違い女性ホルモンを分泌する機能が衰えている訳では有りませんので、ホルモン補充療法などでホルモンを補充する必要はそれほど有りません。

まずは生活習慣や食生活を見直して改善していく事で、更年期障害の症状を緩和する事が出来ます。食生活では女性ホルモンと似たような働きをする物質を摂取する事が効果的です。

豆乳や豆腐などの大豆製品には、イソフラボンという女性ホルモンに似た働きを持ってる成分を含んでいますので、更年期障害の症状の改善や予防に役に立つ食品です。

イソフラボンの摂取量の目安は成人女性で1日約40mgと言われています。豆乳で摂取する場合、約100~150ccを飲む事で基準分を満たします。またきなこにもイソフラボンが含まれていますので、イソフラボンをたっぷり摂りたい人は、「豆乳きな粉ドリンク」が良いでしょう。

イソフラボンは骨粗鬆症の予防にも役に立ちますので、女性ホルモンが減少した女性には最適の飲み物だと言えます。

 

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事