プレ更年期の年齢は!?何歳から?

そもそも更年期とは、閉経をはさんだ前後10年ぐらいの事を言います。日本人の女性の場合、閉経の年齢は50歳前後ですので、40代後半から50代前半の時期になります。

 

この更年期の前に当たる若い世代の30代から40代前半の女性でも更年期のような症状を発症する事があります。

これをプレ更年期と呼んでいます。30代の女性はまさに体の変わり目であると言えます。

プレ更年期と言うと更年期障害の良くないイメージのせいでネガティブにとらえてしまいがちでが、この時期の女性は体が変化していく時期であり、成熟していく時期でもありますので、前向きにとらえる事も大切です。

プレ更年期になったことで、自分のライフスタイルを見つめ直し、今まで以上に体を大切にして、本格的な更年期に備える必要があるでしょう。

 

すべての年代と通して、自分の体をいたわりセルフケアを行う事は大切です。

特に変わり目の年齢である、30代から40代の女性は更年期以降を豊かに健康的に過ごすためにとても大切な時期だと言えます。

仕事や家庭での過ごし方や、食事、睡眠、運動など全てにおいて振り返ってみる事も大切です。

30代、40代の女性は、仕事や育児などのストレスが心身の不調の原因となる事が多く有ります。

ストレスをためやすい人は、物事の見方を変えてみたり、ストレスをかわしたりする工夫をしていきましょう。

周りの状況に惑わされることなく、自分で考え自分の人生をしっかり生きていく事で、これらかの人生を大きく変えていく事が出来るでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事