プレ更年期の原因とは?原因は自律神経の乱れ!?

更年期と言うと、閉経前後の10年くらいの期間を言い、個人差はありますが日本人女性の場合であれば、40代後半から50代前半を指しています。

この時期の女性は、突然体が熱くなったり、汗を大量にかいたり、またイライラする事が多くなるなど、体や心に様々な症状を訴える人が多くなります。この様な症状は「更年期障害」と言われています。

しかし、最近は30代後半から40代にかけて、更年期障害のような症状に悩んでいる女性が少なく有りません。このように通常の更年期よりも早い時期から発症するケースを「プレ更年期」と呼んでいます。

このプレ更年期の原因は一体何でしょうか。通常の更年期のように急激に卵巣機能が老化する事が原因ではなく、更年期前に訪れる緩やかな卵巣機能の低下と、日常生活のストレスが原因であると言われています。まれに卵巣の病気によってホルモンの分泌が減少して起こる場合もありますが、やはり多くの場合ストレスが原因です。

毎日の生活のなかで、少しずつストレスが蓄積し、その事で自律神経が乱れ不調を感じることが多くなるのです。自律神経には体の多くの器官の働きを正常に保つ役割がありますが、ストレスが重なる事で上手く働く事が出来なくなり、ホルモンの分泌が乱れたり、精神が不安定になってしまいます。

プレ更年期を迎えない為にも、日常からストレスを溜めず規則正しい生活を行う事が大切です。生活の中に癒しの時間や空間を持つ事でストレスを緩和する事が出来ます。また、プレ更年期はいずれ来るであろう更年期を迎える準備期間とも言えます。

このプレ更年期を上手く乗り切ることで、更年期が来ても症状を軽く押さえることができるでしょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事