プレ更年期の治療方法とは!?原因と改善方法アドバイス

プレ更年期と言う言葉を最近よく聞くようになってきました。

そもそも更年期とは女性が閉経を迎える前後10年間程度、加齢によって卵巣の機能が衰えることで女性ホルモンの分泌が減少していく時期の事を言います。

プレ更年期とはまだ閉経になるような歳ではない30代や40代の女性が、まるで更年期のような様々な症状を発症してしまう事を言います。

閉経のような直接的な原因があるわけではなく、発症する原因の多くは過剰なストレスや急激なダイエットによる物です。

プレ更年期の症状は実に様々であり、不安定です。生理の出血量が減って来たり、生理の周期が不安定になったりと、卵巣の機能が不完全である事が少なく有りません。

また、女性ホルモンの分泌が乱れてくる事によって、自律神経のバランスも崩れ頭痛やのぼせ、ほてり、またイライラ感や疲労感など多くの症状を引き起こします。

プレ更年期の原因の多くはストレスですので、家事や育児を仕事と両立している現代の女性に起こりやすい病気と言えます。

プレ更年期の治療法は、不調の原因である自律神経の失調を整えることに有ります。つまりストレスや過労、激しい運動やダイエットなど、自分の生活習慣を見直す事が必要になります。

分泌が足りていないホルモンを薬で補充する事も出来ますが、卵巣の機能が衰えている訳では有りませんので、ストレスを取り除いて卵巣が正常に働くようにすれば、ホルモンを補充する必要も有りません。

まずは自分の生活を見直し、改善できる事は早めに改善して行く事をお勧めします。

またどうしてもストレスがたまってしまう方は、出来るだけストレスを発散出来る方法を探し、余計なストレスを溜めないようにしましょう。

スポンサードリンク

 

一緒に読みたい 更年期改善の為の関連記事